歯の健康について考えよう

歯科医院での治療や定期検診、そして自宅でのケアをきちんと行っていけば、一生自分の歯で物を噛める可能性が高くなります。

歯の健康について考えよう

みなさんは、毎日おいしく食事ができているでしょうか。
私たちの体は意外と繊細にできています。
そのため、少し体調不良が起こるだけでも、ご飯がおいしく食べられなくなることがあります。
例えば、風邪をひいたときには食欲がなくなります。
ご飯がおいしく食べられるかどうかは、健康のバロメーターだと言っても良いでしょう。
さて、このご飯がおいしく食べられるかどうかの大きなポイントとなるのが、歯や歯茎の状態です。
私たちは歯は、子どものころは乳歯で過ごし、成長するに従って永久歯へと生え替わっていきます。
そして、永久歯は二度と生え替わることがありませんので、一生同じ歯を大切にしなくてはなりません。
しかし、加齢や生活習慣によって歯や歯茎の状態が悪くなることも多く、高齢者になったときに全て自分の歯を維持し、おいしくご飯が食べられる人は残念ながら非常に少ないようです。
多くの人は、差し歯や入れ歯を抱え、食べることに不便さを感じています。
もちろん、歯科技術も非常に進歩しており、差し歯や入れ歯であっても自分の歯と変わりなく食事ができるようになってはきました。
しかし、歯には神経があり、その神経から噛んだときの刺激が脳に伝わるといった自分の歯が持っている機能は、やはり差し歯や入れ歯では再現できません。
そこで、まだ歯や歯茎が若く、健康なうちから歯を維持することについて考えておくことが重要です。
しっかりケアをしていけば、一生自分の歯で過ごすことも不可能ではありません。
ただ、歯の健康を守るためには、自分の力だけではどうしようもない部分があります。
どれだけ気をつけてケアをしていても、歯の磨き残しや虫歯、かみ合わせの悪さなどが出てきてしまいます。
そういった場合には、速やかに歯科医院へ足を運びましょう。
さらに、できるだけ悪いところが小さいうちに治療を受けるために、定期的な歯科検診を受けることも大切です。
中には、歯科医院に対して恐怖心を持っている人もいるとは思います。
近年の歯科医院では、できるだけ治療時の患者の苦痛を和らげられるように、色々な工夫がなされています。
ここでは、そういった最近の歯科治療の実態や、最新の技術について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
また、歯の健康を守るために自分自身で気をつけるべきことも一緒に紹介していきます。
歯科医院での治療や定期検診、そして自宅でのケアを行って、一生自分の歯でご飯を食べられるように頑張りましょう。